Amber style ロゴ

2018.12.06 ブログ 美味しいもの

本が好きなのか? 食いしん坊なだけか?

こんばんは。

 

あっという間の週末です。
師走に入り、いつもの月よりも
時間の経過が早いような気がするのは
私だけではないでしょう。
皆さんは、これから大掃除ですか?
我が家は年末に大掃除はしないので
(汚れの取れやすさから夏にしています)
ギリギリまで仕事をする感じです。

 

私は毎日のように文章を書いているけれど
インプット、即ち読む方が出来ていないので
無性に本が読みたくなって
ブックカフェとやらに行ってきました。
代官山TSUTAYAとも思ったのですが
その後の予定を考えて
新宿ブルックリンパーラー

ここはブルーノートがプロデュースのカフェ。
そんなに多いわけではありませんが
本が2500冊ほど置かれていて
コーヒー1杯で読み放題です。
3時間ほど滞在して数冊読破してきました。

 

余談ですが
実は我が家では引越しの時のダンボールが
数箱手つかずのまま放置されています。
それらは全て本。
引越し前に断捨離して数箱まで減らしましたが
本棚を処分してきてしまったため
未だに置き場所を確保できていないのです。
そんなこともあり本は出来るだけ電子書籍か
外で読むように心がけています。

 

*******************************

 

シャンソン歌手の石井好子さんの著書
「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる」
1963年:暮しの手帖社

気になっていたけれど読めずにいた本。
カフェに入って、すぐ手に取って読み始めた。
冒頭から美味しそうなオムレツを焼く
シーンが描かれていて
翌日に※バターてんこ盛りの
オムレツを焼いたのは言うまでもなく。

 

※卵4個に対して
バター8分の1ポンドを入れて焼くオムレツ
1ポンドが453.6gだから約55gのバター。
私は卵2個だったから
たぶんビビって15g位だったに違いない。
そりゃ、美味しいわけよね。
作る時にはバターの量に相当ビビります 笑

 

そう、本が好きというより
私は食いしん坊なのだと思う。
食に関するエッセイ本を読んでは
必ずと言っていいほど再現してきたし
それは理科の実験のように
私をワクワクと興奮させる興味の対象で
例え、失敗しても楽しい時間となり得るから。

 

実のところ料理エッセイは
料理レシピ集と違い具体的な数字はないし
写真すらない場合があって
ひたすら想像の中の料理だったりするけれど
頭の中に浮かんだ「美味しそう」と感じた時が
どうやら一番幸せなのかもしれない。

 

夏は料理するのが好きではないけれど
(暑くて食欲が失せるため)
冬はスープなど煮込み料理をするのが好き。
新婚当時に買ったル・クルーゼも
私達と共に20年以上過ぎようとしている。。。
鍋の寿命と人間の寿命。どっちが長いのかな?

Topics一覧へ