Amber style ロゴ

2018.09.25 ブログ ベースメイク

ベースメイクを美しく保つには

こんばんは。

 

前回の予告通り、メイクが上手になる
「馴染ませる」シリーズの続きです。
今回はベースメイクについて。

 

社会に出てメイクを始めた時から
ずーっと身近な存在のファンデーション。
肌にトラブルを抱えている人以外は
基本、毎日何かしらつけていますね。

 

今はファンデーション以外にも
BBクリーム、CCクリームなど
いろんな種類のコスメが出ていますが
塗るという作業では一緒です。

 

塗り方についても
ブラシを使ったり、スポンジだったり
指で伸ばしたりと
一体、どれが一番いいの?と
悩まれる方もいらっしゃるかも。

 

今回はリキッドやクリーム系使用の場合
気をつけるポイントについてです。

 

お顔にファンデーションを塗り広げた後
必ずして欲しいことがあります。
それが「馴染ませる」工程です。

例えばドラッグストアに
こんなスポンジが売られています。
このスポンジに水を含ませて
ふわっとさせてからギュッと絞ってください。
水分を含んだ堅絞りのスポンジが出来たら
ファンデーションを塗った肌の上を
ポンポンとスタンプしていきます。

 

ポイントは何もついてない
スポンジというところです。
肌についた余分なファンデーションを
スポンジが吸い取ってくれるので
肌の上でファンデーションが均一な状態を
作ってくれます。

 

顔って鼻や頰で凹凸がありますし
肌も年齢とともにたるみが出てきます。
ですから、ファンデーションに
塗りムラが出来るのは
年齢を重ねると多くなりがちなのです。

 

私は下地クリームを塗ってから
一度このスポンジで押さえて
ファンデーションを塗って
また、スポンジで押さえてと
数回、カラのスポンジで馴染ませます。
(コンシーラーの後も同様です)

 

そうすることによって
仕上げのフェイスパウダーが
より均一にキレイに肌に密着します。
結果、メイク崩れを防止出来ます。

スポンジもいろんな種類のものがあり
プチプラから高いものまで千差万別です。
水を含ませても良いものであれば
特にメーカーは問いませんが
この季節気をつけて欲しいことが一点。

 

スポンジは台所用と一緒で
雑菌の温床となりやすいことを覚えておいて
欲しいと思います。
特に今の季節は雨も多いですし
カビが一番好む条件になっています。
汚れたまま放置すると
カビの原因になりますので気をつけましょう。

 

特に大きめのスポンジは乾きにくいので
私は真夏や冬には大きめ
(菌が増えにくい)
今のような季節には小さめを選んでいます。

 

メイクを崩れなくするには
肌の上に均一にファンデーションを
載せることが必要です。

 

ファンデーションの付け過ぎは
メイク崩れの原因になりますし
付けなさ過ぎるとお化粧した感が出ません。
適度な量を薄くキレイに載せることが
より美しい肌を作ることに繋がるので
ぜひ、取り入れて欲しい工程なのです。

Topics一覧へ