Amber style ロゴ

2019.01.22 ブログ

Rockな大人が少なくなった今

こんばんは。

 

真ん丸の美しい月を見られた日は
なんだかとてもラッキーな気分。
ライブの余韻に浸りながら歩く千鳥ヶ淵は
いつも以上に足取りが軽く感じられる。
次、訪れるのは桜の時期だろうか?

ここ数日のYahooニュースでも
取り上げられるほど注目されていた?
ジュリー古希記念コンサート
「OLD GUYS ROCK」
2日間連続で参戦しました。

 

このコンサートの初日は
昨年2018年7月6日。
約半年間のツアーの最初と最後の計3回参戦。
回数を重ねる毎に魅力が増していく・・・
これには自分でも驚きでしたが
長年のファンの方々はよく知ってらっしゃいます。
回数行かないと判らない世界があるんですね。

昨年は樹木希林さんが亡くなって
Rockな大人が1人減ったと思いましたが
まだ、ジュリーがいるから大丈夫。

 

社会に対してモノ申す的な歌は
どうしたって至る方向から批判を浴びがちだけれど
社会に対する怒りが
歌うエネルギーになっている気もするし
愛だの恋だのを散々と歌った後は
人間って社会に目が向くものなのかもしれない。
それは決してジュリーだけではないと思う。

 

一見、美容とは全く無関係なようですが
いくら外見が美しくても
生き方が伴っていなければ
魅力は半減しちゃいますよね。
歳を重ねと、誰しも外見力は失われていきます。
その時に残るのは「生き樣」だと私は思っています。
人としてどうなのか?これに尽きると。

 

思ったことを発言するというのは
覚悟を伴わなければ
単なるワガママとも捉えられてしまう。
時には誤解を招くことも多いだろう。
1本筋が通っているかどうか?
考え方に一貫性があるか?
それだけ自由な発言というのは責任を伴うのだろう。

 

決してケチな人間にはならぬよう
広い心と思いやり
そしてRockな気持ちを持ち合わせた大人って
やっぱり格好いいなと思うのです。

Topics一覧へ