Amber style ロゴ

2019.03.26 ブログ

なぜメイクを選んだのか Part2

こんばんは。

 

この数日、冷え込みながらも
膨らんだ桜の蕾の勢いは止まらないですね。
今週末にはキレイな桜を見られそう。
長い冬を耐え忍んだご褒美みたい。

 

さて、先週の続きです。

 

散々、お金を使った割には
おしゃれになったわけでもなく
キレイになったわけでもない。
でも、それをジャッジしているのは自分。
どこか醒めた目で自分を見ていたのでしょう。
夫は一切、何も言いませんでしたから。

 

その時期、整理収納の本を読んだり
スタイリストさんの本を買ったり
一体、どれだけの本を読んだでしょうか。
でも、読んだらそれで満足してしまい
今度は本に大量のお金を使う日々・・・(苦笑)

 

更年期の体調不良に加えて
劣化していく自分と向き合う日々。
なんとか現状を変えたくて
今まで見たくなくて
避けてきたことに目を向けます。
そもそも自分には何が欠けているのか?
あるものは何?
ないものは何? 自分の仕分け作業です。

 

そこで一番見たくないものに目を向けました。
それは自分自身です。
自分の顔や体型は
見ればみるほど落ち込むばかり。
でも、それ以上に現状を変えたい気持ちの方が
強かったんだと思うんです。

 

洋服のことは一旦置いておいて
(このループにハマることは避けたかった)
自分自身と正面で向き合えるように
自分を整える作業に入ることにしたのです。

 

まずは体力作り。
車移動の生活が長かったため
街中を少し歩いただけで疲れてしまう。
旅行に行って帰ってきたら数日寝込む。
基本的な筋肉がない等、本当にダメダメでした。
基礎的な体力が欠落しているために
更年期障害が辛いのかなと思い
そこで漢方のお医者さんへ行き始めて
同時に鍼治療も始めました。

 

漢方薬の効き目は分かりにくかったですが
鍼治療の効果は画期的でした。
更年期障害の一番辛かった寝汗が減り
冷え性がマシになってきたのです。
そうすると元気が出てきて
ジムに行こうかなんて思い始めたり・・・
ジムと並行して外でもウォーキングしたり
積極的に歩くようになりました。

 

 

その頃から夫とのデートは
それまでのショッピングメインから
公園などの散歩に変わっていました。
写真を撮る事が好きな夫なので
私の写真も撮ってくれるのですが
見る方が辛い・・・・・
なんせ、体力は付いてきたけれど顔は放置状態。
写真に写る顔はまさにすっぴん同然。

 

 

でも、この夫の荒業?が良かった。
(本人は何とも思っていない)
こういう写真が沢山残っていく事自体が
耐えられなくて、次のステップへと行ったのです。

 

長くなってごめんなさい。
金曜日の更新へ続きます。

 

 

Topics一覧へ