Amber style ロゴ

2019.05.24 スキンケア ブログ

クレンジングの量足りてますか?

こんばんは。

 

毎週末が来るのが
異常に早い気がしている今日この頃
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

 

今日は暑かったですね。
背中にジリジリと暑い太陽の熱が伝わって
自分が干物になったような気分でした。
そう、厚手のタオルを干しても
すぐ乾いちゃう季節が訪れました。

 

前回、スキンケアの量として
化粧水やクリームの量のお話を書きましたが
与えるだけではなくて
スキンケアで一番大切と言われている事は

ズバリ、クレンジングです。

 

毎日のクレンジングですが
私の使用量はこのくらいです。
多いでしょ? 私の顔デカイんです。
と、冗談を言ってる場合じゃなく
このミルククレンジングも肌全体に伸ばすと
そこまで多いとは感じません。

 

私はまあまあ塗っていますので(厚化粧?)
クレンジング剤を減らすと
テキメンに肌に化粧が残ってしまいます。

クレンジング剤って
実際にどのくらい使用したら良いのか?
書いているものも小さな文字が多いので
皆さん、なんとなく使っている方が多いと思います。

 

上記画像は、皮膚科タカミクリニックの
クレンジング剤ですが使用目安が書かれています。
容器がチューブ状ですので
このくらい出してねという表記です。
このクレンジング剤はジェルですので
実際に手のひらで広げると
やはり私の手の画像のような量になります。

 

クレンジングの量が少ないと
どのような弊害があるのか??

①肌の上で余計な摩擦が生じる

②メイクが残っている部分が生じる

②は想像しやすいと思うんですけれど
①は摩擦ってどれくらい?と思いますね。

 

クレンジングって肌の上でくるくるしますけど
ほとんど力は必要ありません。
優しく撫でるくらいなんです。
それ以上の力が加わっていたら
摩擦が生じていると思ってください。
クレンジングは「汚れを浮かせるもの」
浮かせるためにクレンジング剤を
肌に馴染ませているだけなんです。

 

撫でるぐらいだと汚れが落ちない!と
仰る方もいらして当然。
だからこそ、量が必要なんです。
ゴシゴシしちゃうと
クレンジング剤で取る予定以外の
肌の潤いまで持って行っちゃうのです。

 

クレンジングが終わった後に
肌がキュッとつっぱるようだと
取り過ぎている可能性があります。
クレンジング後のお肌は
モチモチしっとりでいいのですから。

 

クレンジングの工程で
潤いを取り過ぎてしまうと
その後の化粧水やクリームで補っても
補いきれない事が出てくる可能性があります。
日本人はキレイ好きですが何事もほどほどに。。。

 

Topics一覧へ